仕事辛い

40代で仕事ができないのは致命的?生き残るためにやるべき7つのこと

40dai-shigotodekinai

40代になって仕事はできないと感じると辛いですね。「仕事が遅い」「判断ができない」「自分の立場が危うい」というように悩みを持つ方も多いです。

20代じゃなく40代だからこそ危機感を感じやすくもなるでしょう。

そのまま仕事を続けるには辛いものですし、他の仕事を探すにも勇気のいる年代です。

そこでこの記事では40代で仕事ができないと感じた時のやるべきことを全部で7つ紹介します。

心理的理論なども含めて解説しますので、今までとは違った自分の活かし方も見つけれるかもしれません。

40代だからこそ若手にできないことは必ず存在しますので、この記事を読んであなたのポジションを確立してきましょう。

 

40代で仕事ができないのは致命的?

40代になるとベテランの年齢になります。自分より若い人が管理職になることも見かけますし、能力の高い人は会社で絶対的な信頼を得ていますよね。

このような光景を見ると仕事が辛いと感じ、辞めたいと思うことも増えるでしょう。

しかし、いざ転職となると40代ではハードルが高くなります。

40代の転職では、新卒や若者層と異なり、時間を要することが考えられます。
また企業が求める40代の転職者は、スキルが備わっているだけでなく、即戦力となる人材を希望します。
そのため、40代の求人はハードルが高いと言えるかもしれません。

引用元:Create転職 「40代の転職サイト|40歳からの仕事探し

 

40代は即戦力を求められる

40代になっても転職は可能です。

しかし、20代と違って40代の方は将来性よりも即戦力を求めらます。

例えば営業職を経験している方であれば新規開拓を求めらたり、専門職の方は他の会社で得た経験を自社に応用し、従来の仕事の手順に変革を求められりします。

そして、コミュニケーション能力やビジネスマナーなどは持っていて当然と思われますので、新しい会社でイチから教えてもらえるところはほぼないと考えましょう。

 

40代で仕事ができないと感じた時にまずやるべき事とは?

40dai-shigotodekinai

今から一人で起業して成功できる人や、絶対的なプログラミングスキルを持っている人などは仕事を辞めても自分でどうにか稼ぐでしょう。

しかし、現時点で絶対的なスキルがないという状態であれば、突然辞めるのはリスクが大きいものです。

40代であれば転職よりも今の会社でやるべきことを考える方が安全です。

そこで、まずは今からできる4つのやるべきことを紹介します。

 

1.自己分析

自分にとって、なぜ仕事ができないと感じるのかを分析します。

これは「仕事が遅い」「仕事が雑」というようなざっくりとした答えではなく、より具体的に考えることで対処法を見つけるヒントが見えます。

仕事ができない原因 対処法
加工するときいつも向き間違いをする 最初にマーカーでチェックする
何度も聞いてしまう メモをして質問事項を先に整理する
注文のパソコンの入力作業が遅い エクセルのマクロで自動化
人にお願いできない 相手の仕事が少ない時に頼む練習をする
いつも「申し訳ありません」と言っている 謝るよりお礼を言うよう習慣にする

仕事ができないと感じている人に多いのは謝ることが口癖のようになっていることです。

実は上司は謝る人にはさらに強く言う傾向があり、「ご指摘ありがとうございました」などとお礼を言われるとそれ以上言われにくくなります。

 

2.自己奉仕バイアスを意識する

成功は自分の手柄とするのに、失敗の原因は他者や環境のせいにするという心理を『自己奉仕バイアス』と言います。

例えばあなたが関わった業務改善で仕事の効率化が成果を上げた時、「なんで最も評価してくれないのか。自分の給料を上げてほしい」と思いますよね。

逆に残業が多い時は「会社が仕事を多く取りすぎ」「上司が無能だ。会社のやり方が悪い」などと不満に思うものです。

しかし実際には自分の目に見えない所でいろんな人が陰で努力をし、残業を減らす方法も必ずあります。

40代で自分が仕事ができないと感じた時は、今まで他人や会社のせいにしていた不満を一度見直すことで新しい視野を持つことができます。

 

3.ダブルバインドをやめる

40代となるとプライドもありますし、若い人に偉そうにされたくないという感情が生まれますよね。

これはあなたが悪いというわけではなく、誰でも同じように考えるものです。

そして、「教えてください」とお願いしながら「それは違うんじゃないですか。もっといいやり方がありそうですよね」などと矛盾した言葉を言っていませんか?

2つの矛盾した言葉や行動は人に強く不快な思いをさせます。これを『ダブルバインド』と言います。

分かりやすい例でいうと、小学生の子供をもつ母親が「何でもいいからほしいモノ言って」と子供に言いながら「それは高いからだめ」ということで子供は何をお願いしたらいいのか分からなくなります。

これがダブルバインドです。

仕事においてダブルバインドをしてしまうと人間関係を悪化させ、本来なら教えてもらえていた情報も教えてもらえなくなります。

教えてもらうときは素直に話を聞き、反論や否定的な言葉を最初に言わないようにしなければいけません。

 

4.人を助ける

人を助けると、そのうちの何人かは「自分もお返ししたい」と考えるようになります。これを『返報性の法則』と言います。

例えば友人がいつも笑顔でお菓子をくれると、今度お返ししようと思いますよね?

仕事で言えばピンチの際にいつも助けてもらうとその人に好意をもちます。

そこで、積極的にあなたが周りの人を助けることで、あなたが困ったときに助けてくれる人ができます。

人を助ける例
  • 工具や文具を貸す
  • 仕事が多い人の手伝いをする
  • 質問される前に「どうした?」と声をかける
  • 運ぶのを手伝う

些細なことでも大丈夫です。積み重ねは周りからの評価を上げ、信頼を上げていきます。

人を助けるときは見返りを求めないこと。報酬やお返しを求めずにただ単純に人のために何かをする方が自然と自分に良いことが返ってくる

 

40代でも諦めない!生き残るための方法とは?

40dai-shigotodekinai

ここまで読んでも自信が持てなかったり、何となく今の仕事を続けれそうにないという方もいるでしょう。

今まで長い間勤務しているのを急に行動を変えるのって難しいかもしれません。

しかし、40代だからこその強みがあるので自分を知ることが必要です。

視点を変えたり努力する方向を絞ることで会社の重要人物になることができるので、ここからは会社で生き残るために是非取り組んでほしい3つのことをお伝えします。

 

1.自分の短所と長所を分析

福祉関係の仕事や職業相談ではポジティブ変換という発想を促しています。

これは短所は見方を変えれば長所になるということであり、普段気付かない自分の強みを見つけるきっかけになります。

短所 長所へ変換
仕事が遅い 丁寧にできる
大勢が苦手 一人作業で集中できる
暗算が苦手 電卓は人よりできる
話すのが苦手 聞くのは得意
判断力がない 定められた業務をするのが好き
単純作業が苦手 創造力がある
運動が苦手 パソコンができる
体調がすぐ悪くなる 体が弱い人の気持ちが分かる

今まで見てきた人でも、「新人よりも仕事が遅い」という状態の40代でも会社から高い評価を受けている人がいました。

それはスピードは完全に捨て、「丁寧さ」を追究していたからです。

つまり、スピードがないと最初から分かっていたら、丁寧さを重視することで評価を上げることができます。

 

2.十人十色。オリジナルを活かす

世の中に全く同じ人はいません。あなたにしかない経験や、あなたが能力を発揮できるものは必ずあります。

例えば仕事ができないと悩む人の気持ちはあなたが誰よりも分かるのではないでしょうか。

これまであなたが失敗してもここまで会社で勤めたことは実績であり、新人からしたら立派な先輩です。

仕事ができないと自分では思っていても、あなたにしかできないアドバイスが必ず存在します。

 

3.トラブル対応に特化する

40代の最大の強みは経験です。そして、仕事で最も重要視されるといっても過言ではないのがトラブルへの対応スキルです。

私は勤めていた会社では過去に人員削減で大勢の人がいなくなることがありました。そのときに「この人は絶対に辞めないでほしい」という評価の人が何人かいました。

それは「トラブルに対応できる人」です。

あなたが40代であれば、過去のトラブル事例や事故などは少なからず耳に入っているものです。

それにもし知らないとしても過去のトラブル時の対応を積極的に調べてみてください。

普通の業務を平均よりできるようになるよりも、トラブルのときに「昔〇〇で対応していた」「これが原因じゃないのかな」などと活躍できればあなたは必ず必要とされる人となります。

40代からスピードを上げたり同時に多くのマルチタスクをしようとすると仕事ができないと感じてしまいがちですが、時間が多少かかってもトラブルに対応できる人を目指す方があなたのポジションを確立させることができます。

 

まとめ

この記事では40代で仕事ができないと感じた時のやるべきことについてお伝えしました。
普段欠点だと思っていたことも、見方を変えれば大きな強みとなります。

そして、40代の最大の強みと言えば経験です。20代の知らない情報を教えたり、トラブルに特化した人材を目指すことで、今までとは違った活躍ができるようになります。

すぐにはできなくても、今から少しずつ取り組んでいきましょう。