仕事辛い

職場の人間のレベルが低い!うんざりして辞めたいと思ったらどうする?

office-lowlevel

「みんなやる気ない」「仕事遅いし簡単な仕事しかしてくれない」など、職場の人間のレベルが低いと感じるとストレスですよね。

難しい仕事がきたら全部自分がすることになりますし、自分ばかり忙しくなるとうんざりします。

そこでこの記事では職場の人間のレベルが低いと感じた時の対処法をお伝えします。

今まで毎日イライラしていたことも、対処を取ることで変化が生まれるかもしれません。

また、それでもやっぱり辞めたいと思ったときにどういう選択肢があるのかも紹介します。

最後まで読んで、あなたに合った方法を実践しましょう。

職場の人間のレベルが低くてうんざり!

短納期の仕事や難しい仕事を自分ばかり抱えていると仕事が辛いですよね。

給料はそんなに大きく変わらないのに後輩は難しい仕事にチャレンジしない。

会社の上層部は職場の本当のレベルを把握しないで適当なことを言う。

特に「当たり前のことすらできない人」にはうんざりしますよね。

当たり前のこともできない

世の中には挨拶もまともにできない人も多くいます。

学校を卒業して入社後すぐの新人なら指導すればいいだけですが、課長や部長、さらには社長すら挨拶できない会社もあります。

そんな人が「あいさつをしろ」「基本が大事」なんて言っても誰も付いてきません。

自分ばかり仕事してストレス

気付けばこんな職場になっていませんか?

  • みんな楽な仕事ばかりする
  • 難しい仕事をやろうとしない
  • 作業が遅い
  • 効率が悪すぎ

後輩は仕事をなかなか覚えないし任せたら納期に間に合わない。そうなると結局自分がいつも仕事を多くこなさないといけなくなりますよね。

給料がみんなの3倍くらいもらえたら文句もないかもしれませんが、会社員はそんなに給料に差が出ないものです。

レベルが低い職場に嫌気が差した時の対処法

office-lowlevel

毎日仕事が遅くてレベルが低いストレスに合ったとき、3つの対処法を紹介します。

レベルが低い会社の対処法
  • ピザ2枚の理論
  • 仕事をやらなければいけない環境作り
  • キャリアプランを立てる

組織的な変更や仕事の割り振り、自分自身の考え方など多方向からの対処法なので、一つずつ見ていきましょう。

ピザ2枚の理論

会議などでは人数が多くても一部の人しか意見を発しません。

むしろ少人数の方が良いアイデアが生まれたり解決法を見つけたりします。

Amazonのジェフ・ベゾス氏はこれを『ピザ2枚の理論』と呼び、ピザ2枚でお腹いっぱいになれる程度の人数を超えるとチームとして多すぎると言います。

具体的には4~6人程度、多くても8人以下にするべきです。

会議を例に出していますが実際の職場でも少人数にすることで「サボる人を減らす」「個人が責任を持って自分から仕事を進める」「個人のスキルが向上する」という効果が生まれます。

つまりあなたの部署の人数、もしくは業務内容やプロジェクトの人数が多ければ、4人などの少人数に減らすことをおすすめします。

少人数では業務が多すぎるのであれば、会社に細分化を提案して「工程ごとにチームを作る」「おおまかな作業内容ごとに係を作る」という方法もある。

仕事をしなければいけない環境を作る

レベルの低いと思っている後輩でも、思い切って担当者や責任者にしてみましょう。

もちろんリスクがあるため、会社に致命傷を与えない任務でかまいません。

例えば「〇〇のお客さん担当」「〇〇の教育係」というように役割を与えると、自然と本人が仕事を覚えることも多々あります。

現状「仕事を頑張らなくても給料がもらえる」という認識を直すために有効な手段です。

キャリアプランを立ててみる

キャリアプランとは、自分が将来理想とする姿をイメージし、理想の実現を目指して立てる具体的な計画(プラン)です。

キャリアプランは「1年後、3年後、5年後」「1年後、2年後、3年後」など段階に分けて計画を立てます。

自分の理想像とやるべきことを明確にすることで、職場のレベルよりも自身がやるべきことが見えてます。

例えばあなたの目標が「月収100万円以上」や、「取締役になる」というように会社の中で限りなく上の地位を目指すとします。

それならば「1年後は自分の部署でNo1の実力者になる」「3年後は他の部署も経験して実力を上げる」「7年後は課長へ」など大まかな計画を立てます。そして、今年は「知らなかった内部監査対策を勉強する」「サービス管理責任者の取得」など、自分がやるべきことを書き出します。

自分が進むべきことをイメージさせることで、同僚のレベルの低さなど頭に入らなくなります。

自身が出世するなら周りのレベルが低いのはチャンス。自分だけにしかできない仕事が多いというのは、確実に上からの信頼をもらえるもの

会社を辞めたいと思った時はどうするのがベスト?

office-lowlevel

地道に続けれいれば上から評価されて出世も可能ですが、本当にレベルの低い会社は社長の身内ばかりが管理職になっていますよね。

また、出世に興味はないけど周りのレベルの低さにやる気を失うという方もいるでしょう。

しかし辞めると言っても収入が下がったり安定した収入を失う可能性があります。

辞めたいとまで思ったのであれば、3つの選択肢をお伝えします。

独立・起業

あなたが社長になれば自由です。やる気のない社員も社長が来たら目の色を変えますよね。

今のあなたが職場の中でスキルが高いのであれば、そのスキルと経験を活かして独立という選択肢もあります。

とはいえ独立をするにはかなり多額の資金が必要ですし、法的な手続きや書類も多いので税理士に相談なども必要です。

失敗するリスクやあるのでまずは慎重に調べましょう。

株・FX

株やFXは今の仕事をしながら始めることができます。

株であれば株主優待や配当金をもらうこともできますし、株価が上がれば利益もでます。

また、FXでは短期売買と長期売買を組み合わせたり手法を独自に考えて利益を生み出せます。

あなたが分析力や経済に強い、もしくは自身で調べるスキルが強い方であれば大きな収入を得られる可能性があります。

株やFXはハイリスク・ハイリターン。まずは失敗しても大丈夫な余裕資金から始めるのがおすすめ

ネットビジネス

独立や株よりも低リスクかつ時間も自由に調整できるのがネットビジネスです。

会社員でも1日1時間などから十分取り組めますし、やり方を工夫すれば仕事中に自動で報酬が手に入ります。

SNSを使った方法やサイト作り、Yutubeなど方法は様々ななので、あなたにとって「自分にやりやすい収入」を探すことができます。

ネットビジネスはどの方法が良いかは人それぞれ。ただし正しいやり方や注意するべきことを知っておくことで結果は大きく変わる

まとめ

この記事では職場の人間のレベルが低いと感じた時の対処法をお伝えしました。

やる気のない社員や挨拶もできないような職場ではストレスが溜まりますよね。

そこでピザの理論や環境づくり、キャリアプランといった対処法を紹介しました。

やり方や考え方を変えると意外な見え方に気付くこともあります。そして、それでも辞めたいときは「独立」「株・FX」「ネットビジネス」です。

特にリスクのすくないネットビジネスはおすすめなので、収入を減らさないためにも一度始めてみましょう。